糖質制限ダイエットにはデメリットもある?リバウンドすることもあるの?

2020年05月09日
運動している男性

無理なく続けられ、効果が比較的早い段階で出やすいというのが糖質制限ダイエットの特徴ですが、デメリットもあります。それはリバウンドしやすいという点です。

糖質を減らせば誰でも簡単に体重を落とすことができます。ですがダイエットが成功した後、継続して糖質制限をするのが難しい場合もあり、もとの食生活に戻った途端、体重がもとに戻ってしまったというのは、よくある話です。糖質制限ダイエットを試した人の半数近くの人が、短期間に効果を感じたけれど、もとに戻ってしまったというアンケート結果もあります。

糖質を減らすことで効果が得られる糖質制限ダイエットで減らした体重をキープするには、糖質を制限し続ける必要がありそうです。

糖質制限ダイエットは、体重が減りやすいというメリットがある反面、便秘になりやすいというデメリットが指摘されています。ダイエット中に避けるべきとされている、炭水化物を多く含む食品には、食物繊維が多く含まれています。糖質制限食では、玄米や全粒粉パンなど、未精製の穀物を食べても良いとしていますが、それはやむをえずという場合のみで、圧倒的に摂取量が少なくなります。

特に日本人は食物繊維の摂取を炭水化物に頼っている面が多いため、その食物繊維の供給源を減らしてしまうということは、便秘になりやすいということにつながります。実際に糖質制限食を始めてしばらくすると、便秘気味なる人が多くいるようです。そのまま続けていると、身体が糖質制限食に慣れてきて、便通が良くなる場合もありますが、個人差があります。糖質制限食は主食が不足しがちになりますので、野菜をより多く摂取して、食物繊維の不足を補うようにすることがポイントになります。

糖質を極端に減らすことで考えられるデメリットはその他にもいくつかあります。糖質は身体のエネルギー源として欠かせない存在ですが、糖質を減らすことで身体は以前にも増して糖質を体内に溜め込もうとします。この状態になると、糖が脂肪として体内に残りやすくなるため、太りやすい体質になる可能性が出てきます。炭水化物を抜いて体重を落とすと、筋肉も落ちやすくなります。筋肉が落ちると基礎代謝量も減るため、太りやすくなると考えられます。糖質制限ダイエットを再開した時に、痩せにくいと感じている人は、筋肉量の低下や体質の変化などが原因かもしれません。

糖質制限食がそれまでの食事内容と全く異なっている場合、腸内細菌に影響を与えます。糖質が減ることでそれをエサにしていた善玉菌が減少、悪玉菌が優勢になる場合があります。悪玉菌が活発化している場合、便秘になりやすくなります。

関連記事
ダイエット中に便利に使えるアプリの情報は早めにキャッチしておこう!

ダイエットは継続することが一番ですが、食事や運動を続けることが難しいというのが挫折する理由の一つです。そうした挫折を防ぐため、ダイエットアプリがたくさん登場しています。アプリを使って食事記録を簡単にしたり、モチベーション維持につなげることが成功のカギになります。アプリは日々リリースされていますので、...

2020年06月23日
体の芯から痩せやすい体を作るには漢方が必要?ダイエット効果はある?

ダイエットの目的は減量することですが、痩せやすい体質を作ることができれば、リバウンドを繰り返したり、辛いダイエットを再開する必要がなくなります。減量を必要とするほど体重が増加してしまう原因の多くは、食生活の乱れにあります。食べ過ぎたり栄養のバランスの悪い食事を続けていると、余分なものが外に排出されず...

2020年07月08日
ダイエット中の悩みはどうやって改善すべき?ネットの利用も有効?

ダイエットはほとんどの人にとって共通の課題で、ネット上には体験談や解決方法などが星の数ほどあふれています。ダイエット中にはいろいろな悩みが生じてきますが、改善点を見つけるためにネットの情報を利用する人も多いのではないでしょうか。悩みを解消する時に、ネットは役に立つことがあります。自分と似た立場にある...

2020年06月06日
マッサージを繰り返すと痩せることはある?体に良い方法を選ぶには?

ダイエットにマッサージを取り入れる人も多くいますが、マッサージには痩せる効果が期待できるのでしょうか。マッサージには皮膚の表面から刺激を与えることで血流やリンパの流れを良くする効果があります。血液の流れが良くなると、体の隅々まで栄養や酸素が行き届き、代謝など体の動きが正常になります。リンパには身体を...

2020年05月20日