遺品の金買取、贈与税が心配…そんな場合のマル秘テクニック

遺品の金の場合、買取に出すこと自体は全然良いのだけれど、贈与税が気になって躊躇していたという人も少なくありません。

確かに、売ったは良いけど贈与税が高額だった…となると、譲り受けずに放置しておいた方がマシだとすら思いますよね。

こんな場合はどうすれば良いのでしょうか?

実は、高値が付く金であっても贈与税が発生することなく買取を進める方法があります。

それが、金の分割加工です。

金の分割加工とは、1Kgや500gなどの大きな金を100g単位のバーに加工することで、最近非常に注目されています。

贈与税は、年間贈与額が110万円を超えると発生するため、110万円以下に抑えれば損はないと考えることができます。

つまり、大きな金は小分けにして少しずつ譲り受ければ問題はないというわけです。

最近の金の国内公表価格の平均は1gあたり6,600円程度であるため、1Kgや500gなんかの大きさを譲り受けて買取に出した場合、贈与税が発生するのは目に見ていますね。

※金の売り時をこまめにチェック⇒「金」がセオリー破りの高騰…株価回復とともに値上がり、最高値を更新 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

もし、大きな金の遺産があるのであれば、ぜひ分割加工をおすすめします。

小分けにして少しずつ売却するのに便利であるだけでなく、他の相続者と分ける場合や、一部をお子様に残す場合にも重宝します。

また、保管もしやすくなります。

ただし、金の分割加工は、買取店によっては実施していないところもあります。

事前に確認をし、安心してお任せできる買取店を選びましょう。

コメントは受け付けていません。